レイクALSAとは何?これまでのレイクとはどう違うのか?徹底比較しました

新生銀行カードローン レイクは2018年にレイクALSAとして新しく生まれ変わりました。 レイクALSAの特長や、これまでのレイクとどう違うのかを徹底比較した結果を解説します。  

レイクALSAとは?提供元とその軌跡

レイクALSA(アルサ)は新生フィナンシャル株式会社が提供しているカードローン商品の名称です。 レイクALSAは元々新生銀行カードローン レイクという商品名でサービスを展開していました。 この新生銀行カードローン レイクも、前を辿るとGEコンシューマー・ファイナンス株式会社がサービス展開を行っていた消費者金融のレイクから商標や店舗、人員などを含めた融資事業を譲り受けたものです。 この事業譲受を受けて2011年10月1日に新生銀行カードローン レイクの新規事業が開始されました。 事業譲受前後では、新生フィナンシャルが貸金業者であったのに対し、新生銀行が銀行法での貸し付けとなる点が大きく異なります。 譲受後は総量規制やテレビCMなどに関する規制を受けないといった利点を活かし、営業の幅を拡げてきました。 同様に消費者金融の融資事業が銀行に委譲された例としては、現在の楽天銀行スーパーローンの前身であるマイワンがイーバンク銀行に委譲されたケースがあります。 新生銀行はその後事業戦略の見直しを行って2018年4月に1度新生銀行カードローン レイクの新規契約を終了し商品名をレイクALSAに改めて新規契約を再開しました。 この事業戦略の見直しにより、2011年に委譲されたレイクブランドが復活する結果になっています。 つまりレイクALSAは銀行系カードローンから再び消費者金融系カードローンへと戻ったことになります。 ちなみにGEコンシューマー・ファイナンス株式会社は2009年に新生フィナンシャル株式会社へと社名変更し、現在は新生銀行の子会社として信用保証業務を行っています。  

レイクALSAの基本情報をチェック!

まずはレイクALSAの基本情報を確認しておきましょう。 利用対象は、満20歳以上70歳以下で国内在住の安定した収入のある方。自分のメールアドレスを持っている方。パートやアルバイトの方でもOKです。 融資額は1万円から500万円で、金利の実質年率は4.5%から18.0%です。これは消費者金融系では平均的な数字といえるでしょう。 契約限度額と適用年率の範囲は次のようになっています。

  • 1円から999,999円 15.0%から18.0%
  • 1,000,000円から2,000,000円 12.0%から15.0%
  • 2,000,001円から3,000,000円 9.0%から15.0%
  • 3,000,001円から4,000,000円 7.0%
  • 4,000,001円から5,000,000円 4.5%

  契約限度額が200万円以下の場合は契約期間中に最高額となった借入れ残高が基準残高となり、基準残高に基づいて利率が上記のように変更される仕組みになっています。 借入残高が100万円を超えると、その後の返済で残高が100万円未満となっても年利率の引き下げはされないので注意しましょう。 1日分の利息は利用金額×実質年率÷365(日)で算出されます。 つまり利息は利用日数分のみを日割り計算されるため、ムダが少ないことも特長のひとつです。 利用状況によっては、利率の見直しや優遇金利の適用が受けられる場合があります。  

選べる返済方法

レイクALSAでは、毎月の返済方法を次の5種類から選ぶことができます。

  • Web返済
  • 提携先の新生銀行レイクATM
  • 自動引き落とし
  • その他提携ATM
  • 銀行振り込み

  Web返済はPay-easy(ペイジー)というインターネットバンキングサービスを利用して行う返済方法で、パソコンやスマートフォン、専用アプリなどから手軽に利用できます。 手数料がかかららないうえ日時や場所も気にせずに返済が行えるので、もっともお薦めな方法です。 このペイジーは公共料金などの決済にも広く使われているサービスで、国内のほとんどの金融機関が加盟しています。 提携先の新生銀行レイクATMは、夜間や休日でも手数料無料で使える返済方法です。 もしレイクALSAのカードを忘れても登録している電話番号と生年月日、カードの暗証番号がわかれば返済が行えます。 ただし利用時間は平日と土曜日が7時30分から24時、日曜日と祝日は7時30分から22時まで。 第3日曜日は7時30分から20時までと限られている点に注意しましょう。 自動引き落としは登録口座から毎月自動で返済が行える方法で、この場合も手数料はかかりません。 もっとも手間がかからず、返済忘れを防止する意味でもおすすめの方法です。ただし引き落とし予定日前にはかならず入金しておく必要があります。 返済日が定休日の場合は翌営業日に引き落としが実行されることになります。 その他提携ATMも返済に利用することができます。 セブン銀行やイーネットATM、ローソン銀行ATMなどコンビニで使えるATMのほか、多くの提携ATMが利用できます。 あらかじめ自宅や勤務先の周辺で利用できるATMをチェックしておくといいでしょう。 ATMが近くにない場合は銀行振り込みで返済することも可能なので、いざというときのために指定の振込先口座は確認しておきましょう。  

返済方式は2種類

レイクALSAでは、毎月の返済額を決める返済方式として次の2つが採用されています。

  • 残高スライドリボルビング方式
  • 元利定額リボルビング方式

  残高スライドリボルビング方式は借入れ後の元金残高に応じて毎月の返済額が決まる方式で、元利定額リボルビング方式は利用金額に関係なく契約額に応じた毎月一定の返済額が決まる方式です。 残高スライドリボルビング方式では追加の借入れを行うたびに、残高に応じて返済額が再設定されることになります。 基本的に返済が進むにつれて毎月の返済額が減り、利息は逆に増えていきます。なるべく返済期間を短くすることがこの方式で返済するときのポイントです。 元利定額リボルビング方式は返済額が毎月一定で変わらないためお金の管理がしやすいという特長があります。 返済初期のうちは返済額のうち利息に充てられる割合が高く、返済を進めるうちにその割合が元金へと移っていきます。はじめのうちは元金がなかなか減っていかないので、意識的に臨時返済を行わなければ返済期間が長引きやすい点はデメリットといえます。 レイクALSAでは毎月決められた日に返済のほか、一括返済や臨時返済を行うこともできます。 いつでも行うことができる一括返済の場合、借入れ残高に利用日数分の利息を足した金額が返済総額となります。 最低返済額以上で行う臨時返済は返済日を含む14日前から行うことができ、元金と返済回数を効率よく減らすのに有効です。 利息は日割りで計算されるので、早めに返済するとその分利息も減らすことができます。 余裕のある月にはなるべく多く臨時返済を行い、元金と利息を減らしていきましょう。 なお返済日の15日以上前に行った臨時返済分は前月分に対する追加返済になるので、当月分は別途返済する必要があります。  

レイクALSAの特長はここ!

続いてレイクALSAの特長について見ていきましょう。 ちなみにレイクALSAのALSAは、Agility(はやい)、Linked(つなげる)、Security(あんしん)、According to our vision(私たちのビジョンに則って)の頭文字をとったものです。 その意味するところを要約すると、高い利便性といったところでしょうか。セールスポイントにもなっている大きな特長としては、次の4点が挙げられます。

  • 選べる2つの無利息サービス(※1)
  • 申し込みは24時間365日OK!Web完結
  • Webで最短60分融資も可能!スピード融資
  • ATMをカードレスで利用可能

  他の銀行や消費者金融のカードローン商品と比べてもこれらの特長は目新しく、カードローンの利用を検討している人にとって魅力的なものです。 それぞれを詳しく解説していきましょう。  

※1 貸付条件

●60日間無利息

・無利息期間経過後は通常金利適用。
・30日間無利息、180日間無利息と併用不可。
・Webで申込いただき、ご契約額が1~200万円の方。

●借入れ額5万円まで180日間無利息

・契約額1万円~200万円まで
・無利息期間経過後は通常金利適用。
・30日間無利息、60日間無利息と併用不可。

ご融資額 1万円~500万円
貸付利率(実質年率)

4.5%~18.0%

  • 貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります。
ご利用対象 満20歳~70歳(国内居住の方、日本の永住権を取得されている方)
遅延損害金(年率) 20.0%
ご返済方式 残高スライドリボルビング方式?
元利定額リボルビング方式?
ご返済期間・回数

最長8年・最大96回(ただしカードローンは最長5年・1回~60回)

  • 融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数はお借入れ及び返済計画に応じて変動します。
必要書類

運転免許証等

  • 収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
担保・保証人 不要

選べる2つの無利息サービス

レイクALSAでは初めてサービスの利用を申し込む人を対象に、次の3種類の無利息サービスを提供しています。

  • 借入れ額5万円まで、180日間無利息(契約額1~200万円)
  • 借入れ全額、30日間無利息(※1)
  • 60日間無利息(WEB申し込み限定)(※1)

  言うまでもなく利息は銀行の利ザヤです。 その利ザヤを少しでも多く回収することは銀行の利益に直結しますが、利用者にとっては負担になる悩ましい存在でしかありません。 通常はお金の借入れを行った時点で利息が発生しますが、レイクALSAが提供している2種類の無利息サービスではともに一定期間無利息でカードローンを利用できます。 これは利用者にメリットの大きいサービスですが、より多くの人にサービスを提供するきっかけにもなるため銀行側にもメリットがある優れた特長といえます。 無利息サービスは現在多くの消費者金融が実施していますが、そのほとんどが30日という期間設定になっています。 180日という長期間のサービスが選べるのはレイクALSAだけです。  

※1 貸付条件

●60日間無利息

・無利息期間経過後は通常金利適用。
・30日間無利息、180日間無利息と併用不可。
・Webで申込いただき、ご契約額が1~200万円の方。

●借入れ額5万円まで180日間無利息

・契約額1万円~200万円まで
・無利息期間経過後は通常金利適用。
・30日間無利息、60日間無利息と併用不可。

ご融資額 1万円~500万円
貸付利率(実質年率)

4.5%~18.0%

  • 貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります。
ご利用対象 満20歳~70歳(国内居住の方、日本の永住権を取得されている方)
遅延損害金(年率) 20.0%
ご返済方式 残高スライドリボルビング方式?
元利定額リボルビング方式?
ご返済期間・回数

最長8年・最大96回(ただしカードローンは最長5年・1回~60回)

  • 融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数はお借入れ及び返済計画に応じて変動します。
必要書類

運転免許証等

  • 収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
担保・保証人 不要

無利息サービスはここに注意!(※1)

5万円まで180日間無利息のサービスは、5万円以内であれば何度借入れを行っても無利息の嬉しいサービスです。 5万円の借入れを行った後に返済を行って借入れ残高が2万円まで減った後に、また3万円の借入れを無利息で行うことができます。 5万円を超える借り入れも可能ですが、借入れ額が5万円を超えた場合はその超過分に対して通常の金利が適用されることになります。 全額30日間無利息のサービスはいくら借りても30日間は無利息で利用できます。 借入れ額や返済回数にもよりますが、概ね30万円を超える程度のまとまった額の借入れを行いたい人には、こちらのサービスがおすすめです。 2種類のサービスはともに初回契約日から無利息で利用でき、適用範囲を超えたら通常金利が適用されます。 サービスの適用開始日が借入れを行った翌日ではなく、初回契約日となっている点に注意しましょう。なお2種類の無利息サービスの併用はできません。 この無利息サービスに関するもうひとつの注意点として、無利息期間の誤認が挙げられます。 180日と30日はそれぞれ約6ヵ月と1ヵ月ですが、厳密にはきっちり月単位ではありません。 1ヵ月後に返済しようとしたら31日目で利息が発生していた、というのはよくあるケースなので気を付けましょう。  

※1 貸付条件

●60日間無利息

・無利息期間経過後は通常金利適用。
・30日間無利息、180日間無利息と併用不可。
・Webで申込いただき、ご契約額が1~200万円の方。

●借入れ額5万円まで180日間無利息

・契約額1万円~200万円まで
・無利息期間経過後は通常金利適用。
・30日間無利息、60日間無利息と併用不可。

ご融資額 1万円~500万円
貸付利率(実質年率)

4.5%~18.0%

  • 貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります。
ご利用対象 満20歳~70歳(国内居住の方、日本の永住権を取得されている方)
遅延損害金(年率) 20.0%
ご返済方式 残高スライドリボルビング方式?
元利定額リボルビング方式?
ご返済期間・回数

最長8年・最大96回(ただしカードローンは最長5年・1回~60回)

  • 融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数はお借入れ及び返済計画に応じて変動します。
必要書類

運転免許証等

  • 収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
担保・保証人 不要

申し込みは24時間365日OK!Web完結

レイクALSAは次の3通りの方法で申し込むことができます。

  • パソコン、スマートフォン、アプリ
  • 自動契約機
  • 電話

  もっともお薦めなのはパソコンやスマートフォン、アプリを利用してWeb経由で行う申し込み方法です。 24時間365日いつでも申し込むことができるうえに、手続きのすべてをWebで完結させることができます。 自動契約機での申し込みでは困ったときにオペレーターへの相談ができるため、不明な点がある方におすすめです。 ただし自動契約機が利用できる時間帯は平日と土曜日が8時から24時まで。日曜日と祝日は8時から22時までで、毎月第3日曜日は8時から19時までとなっています。 同様にオペレーターが対応してくれる電話での申し込みも可能で、通常時間帯は9時から21時まで。 毎月第3日曜日は9時から19時までです。 フリーダイヤルなので通話料はかかりません。  

必要書類の提出と契約のタイミングについて

申し込み後の契約はいずれの場合もインターネットもしくは自動契約機で行うことになりますが、必要書類の提出を行うタイミングは申し込み方法によって異なります。 自動契約機を使った申し込みの場合は申し込み時にそのまま機械に書類をセットして撮影する形での提出、他の2つの申し込み方法の場合は審査後の契約時にインターネットか自動契約機を使っての提出となります。 なおインターネットで提出する場合はアプリやメール、FAXも利用できます。 必要書類は大きく分けて2種類。 運転免許証や健康保険証などの本人確認書類と、源泉徴収票や確定申告書、所得証明書などの収入証明書類です。 収入証明書類が必要になるのは下記のいずれかの条件に該当する場合のみです。

  • 利用限度額の総額が50万円を超える場合
  • 利用限度額の総額と他社借入れ総額の合計が100万円を超える場合(他社とは、使途自由の類似無担保融資サービスを提供している会社のことを表します。)
  • 提出済み収入証明書類の発行日から3年以上が経過している場合

  これらの条件に該当しない場合でも、提出を求められることがあります。書類は前年度あるいは直近分のものを準備して提出しましょう。 レイクALSAはいわゆる銀行系消費者金融のカードローンで、従来の銀行系カードローンとは異なっています。 新生銀行の本支店ではレイクALSAの申し込みは受付されていないので注意が必要です。  

最短60分!スピード融資

なるべく早く借入れしたいと考えている人にとって嬉しいスピード融資も、レイクALSAが持つ特長のひとつです。Webで申し込み後には審査が行われますが、その審査を経て実際に融資が行われるまで最短60分での融資も可能と、圧倒的な速さを誇っていますレイクALSAのようなスピード融資は、銀行系カードローンにはない大きな魅力です。 審査結果のお知らせ時間は8時10分から21時50分まで。 毎月第3日曜日は8時10分から19時までとなっています。この時間内に間に合うように申し込みを完了できれば、最短15秒でそのまま審査結果を確認することができます。 最短即日融資を希望する場合はなるべく審査結果のお知らせ時間が終了する1時間前までには手続きが完了するようにしましょう。 時期や他の申込者の数といった状況によっても所要時間は変わってくるため、できるだけ早い時間に申し込みを行うことが大切です。 なお申し込みを時間外に行った場合は、翌営業日にメールで審査結果のお知らせが届くことになります。  

ATMをカードレスで利用可能

急な飲み会が入ってキャッシュが必要になった、手持ちのお金で返済をしておきたいなど、思い立ったときにすぐ利用したくなるのがATMです。 今や街のいたるところに設置されているATMは、カードひとつで利用できてとても便利です。 しかし反面、カードを忘れてしまうと利用できないというデメリットもあります。 借入れや返済でATMを使おうとしたけれど、カードを忘れて何もできなかったという経験を持つ人は少なくありません。 レイクALSAではカードがなくてもいつでも借入れと返済を行うことができる、画期的なカードレスのサービスを提供しています。 必要なのは公式アプリのe-アルサだけ。 アプリをスマートフォンに入れておけば、セブン銀行ATMをカードレスで使うことができます。 利用方法はとても簡単で、借入れの場合は次の流れで操作を行います。

  • アプリの画面で借入れをタップ
  • ATMの画面でスマートフォンでの取引を選択
  • ATMの画面に表示されたQRコードをアプリのバーコードリーダーで読み取り
  • アプリの画面に表示される企業番号をATMに入力

  これでATMを利用できる状態になるので、あとは画面に従って操作を行うだけ。返済時の操作方法も大きくは変わりません。 セブン銀行のスマホATM取引が利用できる時間は曜日によって異なり、次のようになっています。

  • 月曜日 5時00分から23時50分
  • 火曜日 0時15分から23時50分
  • 水曜日 0時15分から23時50分
  • 木曜日 1時30分から23時50分
  • 金曜日 0時15分から23時50分
  • 土曜日 0時15分から23時50分
  • 日曜日 0時15分から23時50分 ただし第三日曜日は、0時15分から20時00分まで

  スマホATM取引は残高照会には対応していないので、借入れ可能額や次回返済金額などについては事前に確認しておきましょう。  

レイクALSAと従来のレイクとの違いは?

ここからは、新しく生まれたレイクALSAが従来の新生銀行カードローン レイクと異なる点について見ていきましょう。 契約限度額や年利率、返済方法などの基本的な商品概要はほとんど変わっていません。 選べる2種類の無利息サービス(※1)やATMを利用した借入れ、返済などのサービスもそのまま引き継がれています。 返済期間と回数の設定は若干の変更があり、従来のレイクが最長5年、最大60回であったのに対しレイクALSAは最長8年、最大96回となっています。 このほかに大きく変わったポイントとしては、次のものが挙げられます。

  • 総量規制の対象になる
  • 最短即日融資が場合によって可能に
  • 新公式アプリ、e-アルサのリリース
※1 貸付条件

●60日間無利息

・無利息期間経過後は通常金利適用。
・30日間無利息、180日間無利息と併用不可。
・Webで申込いただき、ご契約額が1~200万円の方。

●借入れ額5万円まで180日間無利息

・契約額1万円~200万円まで
・無利息期間経過後は通常金利適用。
・30日間無利息、60日間無利息と併用不可。

ご融資額 1万円~500万円
貸付利率(実質年率)

4.5%~18.0%

  • 貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります。
ご利用対象 満20歳~70歳(国内居住の方、日本の永住権を取得されている方)
遅延損害金(年率) 20.0%
ご返済方式 残高スライドリボルビング方式?
元利定額リボルビング方式?
ご返済期間・回数

最長8年・最大96回(ただしカードローンは最長5年・1回~60回)

  • 融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数はお借入れ及び返済計画に応じて変動します。
必要書類

運転免許証等

  • 収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
担保・保証人 不要

総量規制の対象になる

大きな違いとしてまず挙げられるのが、総量規制の対象になったということです。 総量規制とは個人向け融資における借入総額の上限を原則年収の3分の1までとするもので、貸金業法の平成18年改正によって定められた決まりです。 冒頭でも触れましたが、レイクALSAには元々レイクという消費者金融として展開されていたサービスが新生銀行カードローン レイクに委譲され、その後にまた現在のレイクALSAとなったという経緯があります。 この経緯において着目すべきポイントが、業態が消費者金融から銀行カードローン、そしてまた消費者金融へと変わっていることです。 消費者金融と銀行はともに融資業務を行うという点で共通していますが、消費者金融は貸金業であり、銀行は銀行業です。 規制を受ける法律も貸金業法と銀行法でそれぞれに異なります。  

総量規制は貸金業に対する規制

総量規制はあくまでも貸金業法によって定められた決まりなので、銀行法の対象である銀行系カードローンには適用されません。 つまり業態が消費者金融へ戻ったレイクALSAは総量規制の対象になるということです。 ただし近年は銀行カードローンにおいても過剰貸付による自己破産などの問題が深刻化したことを受け、金融庁による銀行への働きかけが行われています。 その結果、銀行でも総量規制に準じた貸し付けの自主規制を行う動きが広まっているのです。 他社借入れの状況などは各金融機関の間で共有されているため、年収の3分の1という総量規制のラインを大幅に超える借入れを行うことはかなり難しくなりました。 給与明細や納税証明書などの収入証明書類の提出が必要となる借入れ額の基準が50万円前後まで引き下げられていることも、この法改正に準じた自主規制の影響のひとつです。 もっとも、総量規制の対象外だからといって制限のかからない銀行カードローンからの借入れをいたずらに重ねるべきではありません。 元々こうした規制は利用者を多重債務のリスクから守る目的で制定されたものです。 借入れ総額が年収の3分の1近くになれば多重債務のリスクが高まることには変わりありません。 総量規制の対象か否かに関わらず、借入れ総額はできるだけ抑えておくに越したことはないのです。  

最短即日融資が場合によって可能に

従来の新生銀行カードローン レイクでは2018年から最短即日融資はできなくなっていましたが、レイクALSAでは特長の部分でも説明したとおり、場合によって最短即日融資が可能なケースが復活しています。 この復活には、先述した業態の変化と、前項でも触れた金融庁の働きかけが関係しています。  

暴力団関係者への融資を防ぐ取り組み

銀行カードローンに関して、総量規制の問題に加えて金融庁が懸念していた問題点のひとつに、暴力団関係者などの反社会的勢力への融資がありました。 そのような関係者への融資は以前から問題視されていましたが、当時メガバンク傘下であった某銀行カードローンが一部の反社会的勢力に融資を行っていた事実が発覚したこともあり、金融庁が銀行カードローンの審査基準について十分でないと判断するに至りました。 警察庁には暴力団関係者や反社会的勢力などの組織に関する情報を蓄積しているデータベースが存在しますが、そのような問題を受け金融庁が銀行カードローンの審査にこのデータベースへの照会を義務付けることになったわけです。 総量規制に準じた自主規制やこの反社会的勢力への融資を防止するためのチェックを審査に組み込むことにより、銀行カードローンでは即日融資が行えなくなったのです。 もちろん消費者金融系カードローンに戻ったからと言って、暴力団関係者への融資が再開されているわけではありません。 各貸金業者は独自にそうした反社会的勢力の情報を保有していて、審査の際には一定のチェックを必ず行っています。 レイクALSAに限らず大手消費者金融の公式ウェブサイトなどでは反社会的勢力に対する基本方針が明記されており、その方針に基づいて適正な対応がなされているのです。  

新公式アプリ、e-アルサのリリース

従来の新生銀行カードローン レイクではスマートフォン向けの新生銀行 Lという公式アプリが利用できました。 新生銀行 Lでは書類提出を含む申し込み手続きや会員サービスへのアクセスまで幅広くサポートされていましたが、レイクALSAでもスマートフォンで活用するための新しい公式アプリ、e-アルサがリリースされています。 e-アルサは新生銀行 Lとほぼ同等の機能を備えたうえで、さらに高機能のアプリになっています。 スマートフォンはiPhoneでもAndroidでも利用可能で、それぞれのストアから無料でダウンロードできます。  

e-アルサで使える、6つの機能

アプリで使える主な機能は次の6つです。

  • 申し込み機能
  • カードレス入出金
  • 生体認証ログイン
  • 借入れ診断
  • 返済シミュレーション
  • 会員サービス

  アプリの申し込み機能を使うと、はじめての申し込みから契約まですべての手続きをアプリで完結できます。 もちろん必要書類の提出もスマートフォンのカメラで撮影した写真を使って簡単に行えます。 審査結果の確認もそのままアプリ内で行うことができます。 セブン銀行ATMで使える先述のカードレス入出金機能は生体認証ログイン機能と同じく、e-アルサで新しく追加された機能です。 生体認証ログイン機能はiPhoneのTouchIDやFaceID、Androidの生体認証機能と連携することにより、顔認証や指紋認証によるログインを行うことができる機能で、高いセキュリティと利便性を併せ持つ優れた機能です。 借入れ診断機能は生年月日と年収、他社借入れ件数および金額を入力することで、レイクALSAでの借入れ可否を瞬時に判断してくれます。 返済シミュレーションでは借入れ残高と年利率から毎月の返済金額と返済回数を確認できるほか、毎月の返済額と年利率から利用可能額を確認することもできます。 いずれも返済計画を立てる際に欠かせない、嬉しい機能です。 会員サービスの機能では借入れ、返済などの機能のほか、利用限度額の増額に関する確認などが行えます。 契約前にも使える機能が満載のe-アルサは、スマートフォンに入れておいて損のないアプリです。まずはインストールして触ってみましょう。  

レイクALSAのターゲット層は、デジタルネイティブ世代

ここまで見てきたように、レイクALSAは高い利便性が特長のカードローンです。 申し込みや利用時の手段としてパソコンやスマートフォン、アプリなどをメインに押し出していることからもそれは見てとれます。 金利の低さだけで見ればレイクALSAよりも優れたカードローン商品はあります。 しかし借入れや返済が手軽に行えることや融資までのスピードが早いことなどは、それ自体が価値のある特長です。 金利の低さだけでは計れない価値というのは確実にあるといえるでしょう。 レイクALSAが主なターゲットとしているのは、そのような利便性に価値を見出すことのできる20代から30代の層といわれています。 彼らは学生時代からパソコンやインターネットを日常的に活用してきたためにITリテラシーが比較的高く、デジタルネイティブ世代とも呼ばれています。 このような世代が主なターゲットに据えられるのは、レイクALSAやカードローンだけの話ではありません。 今は小学校の授業にパソコンが組み込まれる時代です。 彼らデジタルネイティブ世代が今後のビジネス界においても中心的存在となるのは想像に難くありません。ある意味では世の中全体の自然な流れといえます。  

まとめ

レイクALSAは無利息サービス(※1)やスピード融資など、高い利便性が魅力の銀行系消費者金融カードローンです。 従来の新生銀行カードローン レイクの基本性能はそのまま引き継ぎさらに新しく生まれ変わったレイクALSAは、今後もデジタルネイティブ世代を中心に利用者数を伸ばしていくと思われます。  

※1 貸付条件

●60日間無利息

・無利息期間経過後は通常金利適用。
・30日間無利息、180日間無利息と併用不可。
・Webで申込いただき、ご契約額が1~200万円の方。

●借入れ額5万円まで180日間無利息

・契約額1万円~200万円まで
・無利息期間経過後は通常金利適用。
・30日間無利息、60日間無利息と併用不可。

ご融資額 1万円~500万円
貸付利率(実質年率)

4.5%~18.0%

  • 貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります。
ご利用対象 満20歳~70歳(国内居住の方、日本の永住権を取得されている方)
遅延損害金(年率) 20.0%
ご返済方式 残高スライドリボルビング方式?
元利定額リボルビング方式?
ご返済期間・回数

最長8年・最大96回(ただしカードローンは最長5年・1回~60回)

  • 融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数はお借入れ及び返済計画に応じて変動します。
必要書類

運転免許証等

  • 収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
担保・保証人 不要